読み:とうげ
主な登場人物:河井継之助
ジャンル:歴史小説
時代:幕末
巻数:上中下

壮大な野心を藩の運命に賭して幕末の混乱期を生きた英傑河井継之助の生涯

内容
(上)幕末、雪深い越後長岡藩から一人の藩士が江戸に出府した。藩の持て余し者でもあったこの男、河井継之助は、いくつかの塾に学びながら、詩文、洋学など単なる知識を得るための勉学は一切せず、歴史や世界の動きなど、ものごとの原理を知ろうと努めるのであった。さらに、江戸の学問にあきたらなくなった河井は、備中松山の藩財政を立て直した山田方谷のもとへ留学するため旅に出る。
(中)旅から帰った河井継之助は、長岡藩に戻って重職に就き、洋式の新しい銃器を購入して富国強兵に努めるなど藩政改革に乗り出す。ちょうどそのとき、京から大政奉還の報せが届いた。家康の幕将だった牧野家の節を守るため上方に参りたいという藩主の意向を汲んだ河井は、そのお供をし、多数の藩士を従えて京へ向う。風雲急を告げるなか、一藩士だった彼は家老に抜擢されることになった。
(下)開明論者であり、封建制度の崩壊を見通しながら、継之助が長岡藩をひきいて官軍と戦ったという矛盾した行動は、長岡藩士として生きなければならないという強烈な自己規律によって武士道に生きたからであった。西郷・大久保や勝海舟らのような大衆の英雄の蔭にあって、一般にはあまり知られていない幕末の英傑、維新史上最も壮烈な北越戦争に散った最後の武士の生涯を描く力作長編。

タグ: , , ,

"峠"へのトラックバック(8件)
トラックバックURL:
  1. ”日々徒然” 副題:「賢明なる投資家」への長い道のり より:

    司馬遼太郎の長編 勝手に選ぶベスト5
    さて、やっとのことで(ほぼ)読み終わった司馬遼太郎の長編のお勧めベスト5を発表〜。1位 『菜の花の沖』商人(かつ船乗)が主人公ってのがいいです。お金儲け万歳!・……

  2. 手当たり次第の読書日記 より:

    『峠』 司馬遼太郎
    著者: 司馬 遼太郎
    タイトル: 峠 (上巻)

    秋月悌次郎が主人公の『落花は枝に還らずとも』に、出番は少ないながら印象的な脇役として登場す……

  3. Birth of Blues より:

    会津と長州は何故、怨念が消えないのか?という本
    本屋でタイトル買いしましたが・・・・

    何故、怨念が消えないのか?って話は最後の数頁だけで、残り99%は幕末維新〜戊辰戦争の説明です。
    こういうタイ……

  4. 一日一よい言葉 より:

    峠(上・中・下):司馬遼太郎
    司馬 遼太郎
    峠 (上巻)

    約一月ぶりの更新。。。仕事が忙しいのと、今日紹介する峠のページ数がすごかったことが主な原因。
    読み終わり、仕……

  5. リフレクションズ より:

    新潟へ(3)河合継之助
    長岡を訪ねた最大の理由は彼。
    戊辰戦争で亡くなった傑物。
    司馬遼太郎の「峠」の主人公でもある。

    合理的で自由な発想を持ち、幕末の長岡藩を立て直し……

  6. 司馬遼太郎を読む » 河井継之助の記念館に松 終焉の地 福島・只見町から移植 より:

    […] の記念館に松 終焉の地 福島・只見町から移植  幕末の長岡藩家老で、司馬遼太郎の小説「峠」の主人公・河井継之助(1827~68年)の生家跡地に建つ記念館(長岡市長町)の庭 […]

  7. 青いblog より:

    峠 (上巻) / 司馬遼太郎

    峠 (上巻) (新潮文庫) 解説 出版社/著者からの内容紹介(amazon) 壮大な野

  8. 青いblog より:

    峠 (下巻) / 司馬遼太郎

    峠 (下巻) (新潮文庫) 解説 出版社/著者からの内容紹介(amazonより) 維

"峠"のレビュー

(評価:5)
悲劇の侍・河井継之助
レビュアー: shiba-ryo.com
2005-09-29
長岡藩。徳川譜代大名で石高はわずか7万4000石。そして江戸からも京都からも遠く離れた北越に位置する。その長岡藩に生れた英雄・河井継之助は、天賦の才をもって長岡藩という小さな画布に「武装独立・中立主義の長岡公国」という、大きすぎる夢を描こうとする。

、、、が、時勢は容赦なく戦火を求め、そして継之助の望まぬままに北越戦争が勃発。継之助と長岡藩は維新成就のための生贄として官軍に討たれてしまう。。。


継之助が長い歳月をかけ、そして完成直前まで描きあげた壮大な絵が、たった一点の糸の"ほつれ"によってそのすべてが崩れ、坂から転がり落ちるように悲劇的な最期を遂げてしまう。まさに運命としかいいようがない物語だと思う。
そんな運命の中で、最後まで懸命に生き、そして散った継之助。その姿は最高に美しいと思った。"あとがき"にもあるが、司馬遼太郎は本作で河井継之助を通して「侍とは何か。」というテーマを描いていると言う。まさしくその通りで、峠に描かれた河井継之助という人物は、侍における形而上の美しさを徹底的に追求した姿だと思った。

本作には、人間としての美しさを凝縮した継之助の一生が詰まっています。司馬作品においては同じ幕末を描いた燃えよ剣と共通するところがあると思います。(土方の場合は純粋な侍ではないですが)
「竜馬がゆく」や「世に棲む日日」などの正統な歴史小説もいいですが、この「峠」のような歴史の裏側にある美しさ、おもしろさを見つけ、それを題材に描く作品も司馬遼太郎の魅力だと思います。

司馬遼太郎好き、幕末好きの人には必読の作品です。ぜひ継之助の人生を味わってみてください。


レビューを投稿する



css.php